腰痛

腰痛でお困りの方はお気軽にご相談下さい。
健成堂カイロプラクティック整体院

腰痛

腰痛

腰痛の原因をレントゲンやMRIで特定するのは困難

 

腰痛で病院へ行くと原因と調べるためにレントゲンを撮影します。
腰椎の状態を確認し骨折など骨に異常がなければ「骨に異常はありません」と言われるでしょう。

とりあえず様子を見るためにシップを出され、痛み止めの薬を処方されるでしょう。それでも痛みが改善しない場合はさらに詳しい情報を得るために、MRIを撮影し椎間板の状態を確認します。

MRI検査で都合よく椎間板が薄くなっていれば「椎間板ヘルニアですね」と診断され腰の牽引や手術をすすめられる事もあります。

腰痛の根本原因は腰の部分だけを調べても解決できない

 

ある調査で、腰痛の症状がない方の脊柱にも、高い確率で椎間板ヘルニアがある事がわかりました。

つまり、椎間板の異常は、腰痛の症状があってもなくても一定の割合で椎間板ヘルニアが見られます。

ここでわかることは、椎間板ヘルニアが腰痛の原因であると簡単に考えることは、問題があるということです。
椎間板ヘルニアの手術したにも関わらず改善しないという場合もよくあります。

痛みはサインであり、痛みをとる事が目的ではない

 

痛みがあるという事は、どこかに修正しなければならない問題があるという事になります。

しかし、今の一般的な医療をみると、痛み止めの薬や注射で痛みを抑える、もしくは、手術で痛みの部分を取ってしまう、といった事が行われています。

痛み自体は、何か問題があるというサインであり原因ではありません。よって痛み自体をなくしてしまえばよいという考え方は正しくないのです。

根本原因は脊柱のズレと神経の流れ

 

背骨の中には、脳からつながる神経が通っています。しかし、背骨はストレスを受けやすく歪みが生じやすくなっています。

この歪みやズレを調整し神経の流れを正す事で自己治癒力により改善される事が期待できます。

電話で予約する